T-sport
<< クロにゃん | main | クロにゃん >>
旅立ち

 

先週のクロにゃん

 

フラつく足取りではあったが、まだ目に力があり柔らかなものは口にして

くれていた・・・

 

いつもならもっと早い段階で病院で治療をしているのだが、腎不全がかなり

進行しており「本来の自分の居場所」で投薬治療をすると決めたのだった。

 

それは彼の命の時間に限りが有る事を理解しなければならない、と言う事・・・


 

4日前のクロにゃん

 

体力が明らかに落ち、食べ物が口に出来ない状態で頑張っているクロにゃん

 

 

3日前のクロにゃん

 

シリンジで何とか栄養を取ってもらい、体力温存を願っていたが・・・

 

目に力が無くなりつつあり、心配で心配で仕方が無かった。

 

 

 

一昨日のクロにゃん

 

固形物は一切口に出来ず・・・

子猫用の栄養ミルクを時間を掛けてすする様に飲んでくれた。

 

 

 

 

 

昨日のクロにゃん・・・

 

ミルクさえ口に出来なくなり、シリンジ強制給餌

 

ベッドの外に出ようとしても力無く倒れこんでしまった・・・

 

もう既にガリガリに痩せこけた身体を起す元気も力も残っていない状態で・・・

 

ずっと・・・

 

 

コキジが傍で見守ってくれていた。

 

 

この後、帰宅する為に彼を確認した所どこにも姿が見えず・・・

 

「出て行く」理由は判っているような気がする。

 

ずっと連れ添っている「ミカ」ちゃんにの元に戻ったのかも知れない。

 

しかし、あの身体ではどこかで行き倒れは間違えないだろう

 

友人も含め3人で彼を必死に探した・・・

 

どうしても見つからず・・・

友人には帰ってもらい、一人で「あての有る場所」を探し回るも発見できず。

 

重苦しい気持で一旦帰宅し翌朝家内と探すことにした。

 

本日の朝、工場に着くと・・・

 

クロにゃんはベッドの手前で力なく倒れていた。

 

力の限り戻って来てくれたんだ、そう思うと涙が止まらず二人で声を出して

泣いた。

 

力無く一生懸命に声を発してくれている姿を見て「僕は戻って来たよ」と報告

してくれている様にしか考えられずに涙が止まらなかった・・・

 

事務所に連れ戻り、家内に撫でてもらい少し落ち着いた頃、呼吸が浅く意識が

無い様な状態に陥った。

 

きっと家内が来るのを待っていてくれたのだと・・・

 

異変を感じ、二人で声を掛け励ましていると午後2時頃

「ニャァ・・・ ニャァ・・・」と二回小さな声で鳴き、静かに息を引き取ってしまった・・・

 

きっと最後のさよならを伝えたかったのだろうと思う。

 

 

 

 

 

 

 

クロにゃん

 

とーさん、かーさんは君の事が大好きだ。

 

ミケにゃんママも常連さん達も君ことが大好きだ。

 

他の猫達にも愛された君だから、先に虹の橋で待っている居るキーさんやジィ

ちゃん達がきっと仲良くしてくれる。

 

もう二度と辛い思いをしない虹の橋へ、仲間の元へ、迷わずに行くんだよ、

クロにゃん

 

 

クロにゃん

本日、虹の橋へと旅立ちました・・・

 

 

 

クロにゃんを可愛がってくださった全ての皆様に感謝を申し上げます。

 

いままで本当にありがとう御座いました。

| にゃん | 00:39 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 00:39 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://t-sport.jugem.jp/trackback/545
トラックバック
T-sport WebSite
T-sport
地域猫保護活動(T.N.R.)
tnrバナー

T:トラップ(捕まえる) N:ニューター(避妊) R:リターン(戻す)

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS