T-sport
<< 臨時休業のお知らせ | main | 8月4日(土) BBQ のお知らせ >>
強くあれ

 

月初から体調が思わしくなかったコミケ

 

猛暑の続くある日、ついにその小さな身体は悲鳴をあげてしまった・・・

 

幸いにも対処が早かった為、一命は取りとめることが出来た。

 

治療に耐えて数日後、慣れ親しんだ事務所にかえる事にした。

 

ストレスや慣れない所で一人にしておけない事情があったから

 

それは、生まれ育った場所で最後を看取ることを覚悟したことでもあった・・・

 

彼女の病名は「白血病の再発」

 

今まで頑張ってこれただけでも奇跡なのだから、なるべく苦しくないように

仲間が見守ってくれる「我が家」で穏やかにさせてあげたい、そう思ったから

 

 

退院し、疲れ果てて事務所のソファーに潜り込んだコミケ

 

フラフラで歩く元気は無く、ただただ私の傍に居たいだけ・・・

 

何とか頑張ってソファーの下から出てきて私を力なく呼んだ

 

親友のコキジも心配でコミケの傍にずっといた。


 

投薬後、作業を始めた私の後ろにいつの間にか身を寄せてきたコミケ

 

薬が効いたのか、少しだけ元気が出たようだった。

 

 

 

誰もが口にしなかったコミケの命の期限が過ぎたとある朝、彼女の姿が

どこにも無かった

 

家内と二人で必死に探した、2時間3時間と時間が経つにつれ絶望感が

心をよぎってしまう・・・

 

 

一旦、頭を冷やしてからもう一度近所を探そう、と二人で話していた

矢先、フラつきながら工場に戻って来たコミケ


 

「ドコに行っていたの?本当に心配したんだから」と、家内は涙して

いた・・・

 

コミケは奇跡を纏って(まとって)いる、って誰かが言っていた・・・

 

その日から少しずつではあるけれど、声が出るようになり、足取りも

力強く見えるようになった。

 

「5度目の奇跡」だと信じている

 

先日は自力で食事も出来る様になりフラつきながらも作業中の私の後を

ついて回るまでになってくれた。

 

それはそれで心配なことも有る・・・

 

少し前に、事故と病気で瀕死な状態でも必死に生き抜いたハナレメと言う

猫が同じ状況だった。

 

目で見える程の体力ではなかったのだろう、トイレに出掛けて力尽き、

たった数十メートルが戻ってこれなかったことが何度もあった。

 

投薬治療を続けなくては命に関わるので、家内と二人で必死に探した

経験があるのだった。

 

少し不便を掛けるが、その経験からコミケにはGPSをつけることにした。

 

万一、途中で戻れなくなってもこちらから探せるように。

 

 

私たちの心配を察してか、嫌がることもなく受け入れてくれ少しずつ

食事の量を増やしてくれているコミケ。

 

 

仲間が居ると元気が出るね

 

皆が見守ってくれていると力が出るね

 

万一、君が疲れてしまっても必ず探してつれて戻るから心配いらないよ。

 

命の時間なんてどうでもいい・・・

 

今が幸せで穏やかで仲間が居てくれたらそれだけで良いととーさんも

かーさんも思うのだよ、コミケさん

 

でも、一日でも長く元気で居られるように願っているよ、コミケさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| にゃん | 00:25 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 00:25 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://t-sport.jugem.jp/trackback/539
トラックバック
T-sport WebSite
T-sport
地域猫保護活動(T.N.R.)
tnrバナー

T:トラップ(捕まえる) N:ニューター(避妊) R:リターン(戻す)

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS