T-sport
<< 連休後のドタバタ・・・ | main | 無題 >>
まさかの新事実・・・

先週の危篤状態から奇跡とも言えるまでに元気を取り戻したかに見えた
ハナレメくん

数日前から外の日に当たるようになるまで回復を見せたハナレメ氏
(後で説明がありますが、その向こう側が<親ビン>です、ハナレメより2廻り位
 大きいカナ) 



外の猫達の缶詰も食べられる様になったのもつかの間・・・



本日の日曜、朝から出張作業で昼過ぎに戻ると・・・

元々4キロ以上あった体重も2キロを少し下回り・・・



頭さえ起せない位具合が悪くなってしまい・・・

こんなに暑い日なのに完全に低体温状態、37度(猫は人間より2度ほど高い)ギリギリで
ちょっと危険な状態。



投薬とミルクを無理やり飲ませ・・・

ドンちゃんベッドでカイロと毛布で身体を温め、背中を摩擦して何とか体温を上げ
少しでも回復を願ってます。

負けるな、ハナレメ・・・

日曜はお医者さんは午前中だし、明日の朝一で診察行くから頑張っておくれ。

話しは変わって

数日前に、弊社に配送に来てくれる業者さんから聞いた話です。

工場先の交差点を曲がって直ぐの左路肩にカラスの軍団が<何か>を囲んで奪い合いを
していたそうです。

曲がり切ったところでその<何か>が猫だと判り、慌てて車をその群れに向け幅寄せを
したそうです。

4・5羽は飛び上がったそうですが、最後の1羽が執拗に襲っているのでアクセルを吹かし
威嚇してさらに幅寄せをしたところ・・・

何とそのカラスはグッタりとした猫を鷲掴みにして飛び去ってしまったと言うのです。

ドライバーさんも目の前の状況に余りに驚いたとのことでした。

話をしていた時に丁度私の足元にいたコミケ女子を見て「この娘くらいの大きさで仔猫
では無かった」
と。

失踪してしまったチャチャとタロチはコミケより少し小柄で、丁度その時期に符合するので
「どんな色の猫でした?」と尋ねるも、そこまで覚えていないとのことでした。

おそらく事故か何かで動けなくなった所を襲われていたのではないか、との事です。

どこの猫だから良いとか悪いとか等勿論無いのですが・・・

願わくばチャチャかタロチでは無いことを・・・

そして本日、出張から戻って来た工場前で、私も同様の事実を目の辺りにし、驚きました。

工場前に車を横付けしたときの出来事です。

おそらく10数羽のカラスが金網の上に、そして工場内の敷地に7〜8羽の集団がかなり
興奮状態で目の前で騒いでました。

すぐさま車を降りると、外猫の通称「親ビン」がカラス7・8羽に追い立てられている
状態でした。

どう見ても襲っている様にしか見えなかったので急いで持っていたダンボール紙振りかざ
し追い払いましたが、今までこんなに凶暴なカラスたちは見たことが無かったので・・・

実は普段喧嘩もしない工場の保護猫達がこの所怪我が耐えない状態で何事かと警戒
していた所でした。

他の猫達のキズは実はカラスでは?と。

そして防犯カメラを確認したところ・・・



カラスに囲まれ追い立てられる<親ビン>



明らかに襲われている画像が・・・

<キー>が飛び掛ってくるカラスに応戦

するとカラスは一斉にキーに襲い掛かって・・・



辛くもキーは工場内に「猫穴」から逃げ込みました。



この他に10羽以上金網の上に待機しているし・・・

知らない所でこんなに恐ろしいことが起っているとは思いもしなくて・・・

只ただガク然としました。

カラスも繁殖期は人さえも襲うことがあるとは聞きますが、このVTRの状況はカラス
が何もしていない猫達のエリアに侵入して襲ってきているのです。

外に出ていたハナレメならひとたまりも無いことでしょう・・・


この状況、本気で何とかしなければ・・・・









 
| にゃん | 00:48 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 00:48 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://t-sport.jugem.jp/trackback/410
トラックバック
T-sport WebSite
T-sport
地域猫保護活動(T.N.R.)
tnrバナー

T:トラップ(捕まえる) N:ニューター(避妊) R:リターン(戻す)

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS