T-sport
スズさん

年の瀬も迫ってきた本日、スズさんトライアルに旅立ちました。

 

一日中、工場の周りを大鳴きしながら自分の居場所を探していたスズ・・・

 

ついに飼い主さんとは会えなかったけど、今日からは君は愛情と言う素晴らしい

幸せを手に入れたのだよ、スズさん

 

誰でも、どんな猫でも物怖じ一つせず、何にも好奇心旺盛なヤンチャなスズ。

 

「とーさん、このチュールはニャンで中身は紐ニャ!?」

 

散々ジャレて遊び疲れると・・・

 

 

チュールのオモチャを抱いたまま寝てしまった・・・

 

チュールをたくさんさべている夢でも見ているのかな?

 

 

また、別の日には・・・

 

遊び疲れている所悪いんだが、掃除したいのでどいてもらえぬか?スズさん

 

掃除機を掛けているのに起きない図太い精神の持ち主・・・

 


 

どかないと一緒に掃除機で吸っちゃうぞ!

 

「これ楽しいニャ!とーさん、もっとやって!」

 

全く、何て猫だいスズ・・・


 

とある昼下がり、スズに来訪者さんが尋ねてきてくださった。

 

スズを引き取りたいのだが、先住猫との相性が心配と・・・

 

と、その先住猫さんを面談に連れて来てくださった、しかも自転車で。

 

 

誰だかわかる?

 

卒業生のテテさん。

 

そう、テテさんの家族に迎えたいと言って頂きました。

 

テテさん、君も元気でとーさんも、かーさんも嬉しいよ。

 

 

「僕はお姉ちゃんと仲良く出来るよ」

 

 

「あと、チュールがあれば」と、言ったとか言わないとか・・・

 

 

諸々のハードルを乗り越え、本日トライアルでテテさん宅にお迎えいただきました。

 

勝手にキャリーケースの中に入ってくつろぎ始めたスズ。

 

 

あたらしいお父さんとお母さんの所に行くんだよスズ。

 

「お姉ちゃんとも仲良くするから大丈夫、心配いらないニャとーさん」

 

「かーさんが、スズにとーさんが泣くから笑顔でネ、って言ってたニョ」

 

スズさん

 

テテ姉ちゃんと一緒に幸せになってくれたら・・・

とーさんも、かーさんも本当にうれしいよ。

 

スズさん

行ってらっしゃい!

 

テテさんのお父さん、お母さん、何卒宜しくお願いいたします。

 

 

| にゃん | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0)
サビ猫サリー、トライアルに出かけました。

身体は妙に細かったのに、お腹だけが異常に大きく張っていた他の地域

のサリー

 

実は近所のセブンイレブンで来客からご飯をもらって生活をしていた

とご近所さんから聞いていた。

 

たまにしか食べれれないご飯では生きて行くことも難しく、食べ物を

一生懸命に探してウチにたどり着いたのでしょう・・・

 

常連さんが「この猫、いつもセブンでうろうろしている子」とおしえてくれた。

 

 

丁度同じころ、同じくらいの月齢の猫が現れて二匹とも保護する事に。

 


 

サリーはお腹が大きいのですっかり妊娠している物だと思っていた。

 

雨でも、風でも、どんなに寒い日でも毎日ご飯を食べに来る様になった

ので、いよいよお産前の栄養補給かと思ったくらい・・・

 

 

かーさんとも仲良くなって、いよいよ保護近し。

 

こうしてみていると、クロにゃんを思い出す・・・

 

 

 

とある雨の日に、後ろ足を引きずって這う様に現れたサリーを発見

 

妊婦か?とか言っている場合じゃ無い

 

事故でない事を願って半ば強引に捕獲し直ぐに病院へ直行。

 

 

検査の結果、捻挫らしい(骨や他には異常はなかった)と判明。

 

妊娠しているかも、と健康状態を確認してもらうと「妊娠はしていない」

との事。

 

栄養失調でお腹だけ異常に膨れている状態と判明。

 

避妊も含め手術、治療を御願いし、無事に退院

 

 

とにかく可愛い猫で性格も、人なれ、猫慣れ抜群の超優等生だった。

 

 

そんなサリーをスズと一緒に里親探しを始めたが、スズは既に数件の応募

を頂いているが、サリーは反応が薄かった。

 

実はスズもトライアルの日程が決まったのだが、事情があり少し先延ばしに

なっている状態。

 

その間にもスズと面談を、とおっしゃって頂いている方々に「サリーを半

ば強引!?」にピーアール。

 

 

そのうちの一組のご夫婦の目にサリーが止まってくれた。

 

少し前に愛猫を癌で亡くされ、もう一度猫との生活を大切にしたいと

思って・・・、とお話をしてくださった。

 

 

何度かお話をさせて頂き、トライアルの形で一度お迎えをして頂く事に。

 

怖がるサリーをソフトキャリーバックに。

 

少しだけ我慢してね、この先は君が幸せと家族を手に入れてもらう為の

旅立ちだから。

 

 

本日、サリーはトライアルの為、優しいご夫婦の元に旅立ちました。

 

サリー、問題が有ったらいつでも戻って来てくれて良いんだからね。

 

冷たい雨の中、這う様に必死にご飯を食べに来た頑張り屋さん

 

君ならきっと幸せになれるから。

 

とーさんも、かーさんも心から願っているよ。

 

サリー、行ってらっしゃい!

 

| にゃん | 11:53 | comments(0) | trackbacks(0)
12月、夜は寒い

昨日、一本の電話が鳴った

 

張り紙を見て連絡しました、と言ってくれた方からの電話だった。

 

スズに似ている猫を探している知人がいるのだが、ポスターの写真を

撮って見せても良いか?

 

と言う内容だった。

 

お互いに確認を取り合って連絡を待つこと数十分・・・

 

どうやら違ったようだとの事。

 

残念ながらスズの飼い主では無かったが、ポスターの反響もあった事

が判ってよかった。

 

ただ・・・

 

連絡をくださった方々は今も大切な家族を探している・・・

 

そちらの猫も一日も早く見つかります様に、と願ってやまない。

 

スズくん

君の飼い主さんも必死に探してくれているのだろうか・・・

 

スズはこの寒さに震える事も飢える事も無く過ごせてはいるけれど

 

本当の幸せとは縁遠い・・・

 

そんな事とは無関係なように、スズはご覧の通りソファーでリラックス。

 

先住事務所猫達に怒られながら(鍛えられながら?)安らかな眠りについて

いる君を見ていると、早く里親さんに可愛がってもらえたらと願っている。

 

 

スズくん

今、君はどんな夢を見ているのだろうか・・・

 

 

こちらも里親募集組のサリーちゃん

 

日に日にヤンチャぶりを発揮してきた。

 

 

人慣れ状態はもう完璧。

 

 

膝の上で喉鳴らしながらダラ~ンと超甘えモード

 

そこに来たスズに「アタシが膝に乗ってるの!」と軽~く猫パンチ(笑)

 

保護猫オヂさん冥利に尽きる一時。


 

二人とも早く幸せ掴んでくれたら嬉しいな。

 

| にゃん | 10:11 | comments(0) | trackbacks(0)
里親募集

まだお呼びがかからないスズくん・・・

 

では無くって、スズの後ろに黒い影が有るの判るかな?

 

近づいてみると・・・

 

 

あれ?

もう一匹お猫様が!

 

 

 

同時期に保護されたサビ猫のサリーちゃん・・・

 

超美猫、ほんと可愛いのだヨ

 

 

妊娠している可能性があった上、右の後ろ脚を引きずって猫アパート

に頑張ってご飯を食べに来ていたこちらも8か月位の女の子

 

 

結果は妊娠はしていなかった。

 

右の後ろ脚は捻挫の様な状態で事故では無かったので一安心

 

怪我も良くなって、甘々のデレデレさんなのでこちらも新しい家族を

見つけてあげなきゃね。

 

大きさは2キロ後半(コミケさんサイズ)の小柄な女の子

 

チャームポイントは「ボブテール」

シッポがクルッと短いやつネ。

 

 

 

 

 

スズとも仲良くやれているので、猫、人全く問題なしのお転婆さん

 

元気で人懐こいサビ猫のサリーを宜しくお願い致します。

 

 

里親さん募集!

| にゃん | 19:15 | comments(0) | trackbacks(0)
迷い猫のスズさん 里親募集!

先月末に道路を彷徨いながら大泣きしていた猫を保護して既に3週間近く経ち

出来る事のほぼ全てを行って飼い主さんを探し続けたけれど・・・

 

全く手ごたえが無く、この子の為にやむなく里親募集に切り替えます。

 

もし、里親募集中に飼主が見つかった場合も、その飼主に事情等を伝え協議した

いと思います。

 

 

まだ少し脅えていた小さい子猫、首輪に鈴が着いていたので「スズ」と命名

 

 

 

 

スズは他の猫と接した事が無い様で、事務所猫達を見てビックリ!

固まったまま近寄るな!と小さく「フゥー・シャー」しておりました。

 

直ぐに首輪が小さくなってしまった・・・

子猫は成長が早い。

 

「オヂさん、ここはどこニャ!?」

「知らない生き物がたくさんいるニャ」

 

 

「この袋はボクのものニャ!」

 

 

そりゃもう元気で元気で、遊び疲れたらパタっと倒れて機能停止状態

電池切れたみたい

 

 

現在のスズくん

 

「とーさん、仕事はいいから早く遊ぶニャ」

 

そうだね、たくさん遊びたいよね

新しい家族を早く見つけてあげないとネ

 

 

・・・

 

 

「スズも可愛くなってアピールするニャ!」

 

 

もう少し笑顔で頼むよ、スズちゃん・・・

 

 

スズくん、里親募集を致します。

 

姿は見ての通り美猫です。

 

性格は誰とでも仲良出来て超フレンドリー

オス、約8か月(既に1歳位の風格が有ります)

 

里親希望の方がいらっしゃいましたら当HPのメール、又は電話にてご連絡御願い

申しあげます。

 

どうぞスズを宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

| にゃん | 12:09 | comments(0) | trackbacks(0)
どうしてボクだけ繋がれてるの?

保護してから直ぐにご近所や数件のコンビニ、工場の周りにと張り紙をし、迷子猫サイトに載って

いないか毎日探し・・・

かーさんのツイッターで多くの方々からフォローして頂き・・・

 

それでも飼い主が見つからない。

 

本当に不慮の出来事で家から出てしまったんだろうか?

と、さえ浮かんできたり。

 

もし、自分が首輪までして飼っている猫が居なくなってしまったら、それはそれは必死になって

探すだろう

 

仔猫だったスズ(仮名)は一回り大きく育ち、ヤンチャで可愛い盛り

 

こんな子がそう遠くからここまで来る事はないだろうし・・・

 

ただ、過去にもあった出来事が・・・

 

虹の橋に旅立っていった子達の何匹かは恐らく飼えなくなって「あそこの猫のたくさん居る工場に

置いていけば、何とかなる」と、私の所へ置いていかれたと思われるフシがある。

 

まさか、スズ、君もそうなのか?

 

とーさんも、かーさんも友人達も手を尽くして君の飼い主を探しているが、こんなに手ごたえの無い

事は無いと思う。

 

毎日、何回かに分け数十分しかケージから出してもらえずそりゃストレスも溜まるよナ、かわいそうに。

 

 

 

兄さん猫達とも上手くやっていけるようになったし・・・

 

 

身体も一回り大きく立派になった・・・

 

 

昼寝しているとーさんが邪魔だと乗り越えて行ったり・・・

 

 

カメラを構えると「いーから遊んで!」とちょっかい出すし・・・

 

 

 

気難しいチャモ氏にも少し認められる様になったね。

 

 

繋がれたままで生活は可哀そうだと思う・・・

 

そろそろ本当の家族を探そうか・・・

 

ね、スズくん。

 

| にゃん | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0)
大切な人

クロにゃん・・・

 

この所この辺りでは見かけない子達が多くなった。

 

どんどん寒さが増すこの時期に・・・

 

せめてご飯だけはお腹一杯食べていって欲しいと思うのだよ、とーさんもかーさんも。

 

実はクロにゃんが居た地域の猫達が増えているんだ。

 

きっとクロにゃんが伝えてくれていたんだろうナ、そんな風に感じている。

 

 

 

クロにゃんが出かけて行方が判らなくなった最後の朝、とーさんは一生懸命に君を探

したよ。

 

君は目的地までたどり着けずお隣の自動販売機の下で荒い呼吸の状態で倒れていた・・・

 

名前を呼ぶと、力なく頭を上げ声にならない声で返事をしてくれた・・・

 

 

この晩、また行方が判らなくなって皆で探したけど結局どこにも姿が無くもの凄く心配

した。

 

翌朝、戻ってきてくれた君を見て、とーさんもかーさんも君の名前を呼んで声を出して

泣いてしまった。

 

直ぐに事務所に連れ上がり、かーさんにお口を拭いてもらい頑張ってお水を飲んだね

 

 

 

 

どんどん呼吸が浅くなって・・・

 

最後に「ミャァ・ミャア・・・」と二回、かーさんが撫でているときに力の限り鳴いて

挨拶をしてくれたね。

 

かーさんが「そんなに頑張らなくって良いから・・・」と涙しながら話し掛けてた

 

そう、この写真の瞬間だった・・・

 

そして静かに息を引き取って穏やかな顔つきに戻った・・・

 

本当に頑張っていたんだね、辛かったね、苦しかったね・・・

 

最後まで大好きなかーさんと居られて本当に良かったね・・・

 

 

 

在りし日のクロにゃん

 

ミカちゃんといつも一緒で夫婦みたいにいつも仲良かったね。

 

こんな風に、いつもくっついて一緒に居た・・・

 

このお宅もクロにゃんが来なくなってきっと心配していると思うんだ・・・

 

近いうちに君の生きてきた人生を伝えに行こうと思っている。

 

 

 

つい、この前のミカちゃん

 

クロにゃんが居なくなって寂しくしているように見えて悲しく仕方がない・・・

と、かーさんに話したら・・・

 

かーさんが「違うよ、きっと最後にクロにゃんは力を振り絞ってミカちゃんの所に

行ってちゃんと伝えたと思う、だからきっとミカちゃんは傍にクロにゃんを感じて

そこに居ると思う」 って。

 

少し涙をにじませて・・・

とーさんにそう言ってくれた。

 

 

クロにゃん

 

ミカちゃんは大丈夫。

 

とーさんは3回も病院に無理やり連れて行った怖い人間だから近寄ってはくれない

けど、毎日ちゃんとご飯を食べに来ているのは確認しているからネ。

 

今度はお空からミカちゃんを見守ってあげてネ。

 

 

| にゃん | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0)
迷子猫保護してます。

10月も末になり夕方からは気温が下がり、かなり寒くなってきました。

 

昨日、朝から工場の廻りで「ミャー・ミャー」と親を探している子猫?の様な鳴き声がずっと

していて・・・

 

仕事中にも、アチラこちら探して回ったのだが見当たらず・・・

 

相変わらず声はするが姿が見えないので心配をしてはいたのだけれど。

 

夕方気温が下がり寒くなった頃、裏手の修理工場さんのお兄さんが事務所に訪れました。

 

「ミャー・ミャー」鳴き続けている猫を抱っこして。

 

この子、ずっと工場の廻りを鳴きながらウロウロしていて、そちらの猫さん?と。

 

道路に出たり、工場内でウロウロしていたり、車に轢かれそうだがどうしたら良い

のだろう,と。

 

私も探していたことを伝えて危険と判断し一時預かりとしました。

 

月齢8か月〜1歳の男の子、首輪もしていてどこかの飼猫の可能性が・・・

 

もの凄くお腹が空いていた様で、外猫食堂でご飯を完食。

 

 

 

 

もの凄くフレンドリーで人なれしている子

 

虐待のターゲットに真っ先になってしまう一番捕まりやすいタイプの子

 

 

先ずは汚れた体を綺麗にし、ブラッシングして落ち着いたところで事務所の保護ケージ

にご住居頂きました。

 

 

 

 

首輪に鈴が着いていたので、とりあえずかーさんが「スズ」と命名

 

こんな可愛い子は飼い主さんが必死に探しているかも知れない・・・

 

 

 

かーさんが速攻で「保護情報」を数枚作ってくれたので本日、朝イチで近所に張り出して

来ました。

 

 

 

スズちゃん、元気してます

 

どうか飼い主さんに逢えます様に

 

 

| にゃん | 11:23 | comments(0) | trackbacks(0)
クロにゃん

クロにゃん

君は本当に優しい穏やかな子だった・・・

 

福太郎ちゃんのお母さんが訃報を悲しんで綺麗なお花を送って下さったよ

 

一緒に大好きだったチュールも手向けてくださった。

 

 

 

君は自然がとても似合う子だったから、お花もとても似合っていると思うんだ。

 

 

君を可愛がってくださったたくさんの方が悲しんでくれて・・・

 

沢山の綺麗なお花と、お数珠持たせてあげたいと思う。

 

心配しなくて良いからね、これから二度と苦しい思いをしなくていい所に向か

うんだヨ

 

向こうでも元気に、皆と仲良く幸せにネ。

 

 

さぁ、クロにゃん

 

お迎えが来てくれたからそろそろ行こうか・・・

 

 

お見送りした後で、ハナちゃんのお友達のFさんがわざわざチュールを沢山

持ってきてくださった。

 

ありがたいね、皆さんに優しくしてもらえて本当に良かったネ。

 

 

 

クロにゃん

 

今度生まれ変わっても・・・

 

迷わずとーさん、かーさんの所に来るんだよ。

 

ミカちゃんの心配はしなくて大丈夫!

 

とーさんとかーさんに任せておいてネ。

 

 

| にゃん | 20:19 | comments(0) | trackbacks(0)
旅立ち

 

先週のクロにゃん

 

フラつく足取りではあったが、まだ目に力があり柔らかなものは口にして

くれていた・・・

 

いつもならもっと早い段階で病院で治療をしているのだが、腎不全がかなり

進行しており「本来の自分の居場所」で投薬治療をすると決めたのだった。

 

それは彼の命の時間に限りが有る事を理解しなければならない、と言う事・・・


 

4日前のクロにゃん

 

体力が明らかに落ち、食べ物が口に出来ない状態で頑張っているクロにゃん

 

 

3日前のクロにゃん

 

シリンジで何とか栄養を取ってもらい、体力温存を願っていたが・・・

 

目に力が無くなりつつあり、心配で心配で仕方が無かった。

 

 

 

一昨日のクロにゃん

 

固形物は一切口に出来ず・・・

子猫用の栄養ミルクを時間を掛けてすする様に飲んでくれた。

 

 

 

 

 

昨日のクロにゃん・・・

 

ミルクさえ口に出来なくなり、シリンジ強制給餌

 

ベッドの外に出ようとしても力無く倒れこんでしまった・・・

 

もう既にガリガリに痩せこけた身体を起す元気も力も残っていない状態で・・・

 

ずっと・・・

 

 

コキジが傍で見守ってくれていた。

 

 

この後、帰宅する為に彼を確認した所どこにも姿が見えず・・・

 

「出て行く」理由は判っているような気がする。

 

ずっと連れ添っている「ミカ」ちゃんにの元に戻ったのかも知れない。

 

しかし、あの身体ではどこかで行き倒れは間違えないだろう

 

友人も含め3人で彼を必死に探した・・・

 

どうしても見つからず・・・

友人には帰ってもらい、一人で「あての有る場所」を探し回るも発見できず。

 

重苦しい気持で一旦帰宅し翌朝家内と探すことにした。

 

本日の朝、工場に着くと・・・

 

クロにゃんはベッドの手前で力なく倒れていた。

 

力の限り戻って来てくれたんだ、そう思うと涙が止まらず二人で声を出して

泣いた。

 

力無く一生懸命に声を発してくれている姿を見て「僕は戻って来たよ」と報告

してくれている様にしか考えられずに涙が止まらなかった・・・

 

事務所に連れ戻り、家内に撫でてもらい少し落ち着いた頃、呼吸が浅く意識が

無い様な状態に陥った。

 

きっと家内が来るのを待っていてくれたのだと・・・

 

異変を感じ、二人で声を掛け励ましていると午後2時頃

「ニャァ・・・ ニャァ・・・」と二回小さな声で鳴き、静かに息を引き取ってしまった・・・

 

きっと最後のさよならを伝えたかったのだろうと思う。

 

 

 

 

 

 

 

クロにゃん

 

とーさん、かーさんは君の事が大好きだ。

 

ミケにゃんママも常連さん達も君ことが大好きだ。

 

他の猫達にも愛された君だから、先に虹の橋で待っている居るキーさんやジィ

ちゃん達がきっと仲良くしてくれる。

 

もう二度と辛い思いをしない虹の橋へ、仲間の元へ、迷わずに行くんだよ、

クロにゃん

 

 

クロにゃん

本日、虹の橋へと旅立ちました・・・

 

 

 

クロにゃんを可愛がってくださった全ての皆様に感謝を申し上げます。

 

いままで本当にありがとう御座いました。

| にゃん | 00:39 | comments(0) | trackbacks(0)
T-sport WebSite
T-sport
地域猫保護活動(T.N.R.)
tnrバナー

T:トラップ(捕まえる) N:ニューター(避妊) R:リターン(戻す)

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS