T-sport
アラぽん・マイマイ

二匹の猫達を保護して一週間

 

怪我や体調を確認し落ち着いた早い時期に獣医さんに診て頂きました。

 

マイマイは避妊手術と健康診断、アラぽんは健康診断・検査で朝から病院に

 

 

マイマイが暴れるとまずいので別々のキャリーで入院検査

 

 

事務所に帰ってきた直後のお二人

 

行きも帰りも叫ぶことも無く静かにしてくれました。

 

 

 

 

帰宅直後から「お腹すいたぁ」とアラぽん

 

マイマイはまだ麻酔が効いていて食欲無し・・・

 

 

 

 

 

そして本日のお二人

 

マイマイも元気が戻って「撫でてください」と甘え声

 

 

たくさん撫でてあげた後は・・・

 

 

 

アラぽんの授乳タイム

 

と、言っても初めからマイマイのお乳は出ないのだけれど・・・

 

 

 

 

出会ったその日からずっとこうしてお母さんをしてくれてるマイマイ

 

まるで愛おしい我が子の様に・・・

 

 

 

 

両名とも検査の結果極めて健康と判り

 

ノミ・ダニ駆除、寄生虫検査、他の病気も調べて頂いてお医者さんから「極めて健康」

とお墨付を頂きました。

 

もう少しだけ事務所ステイしてもらい、健康管理をいたします。

 

マイマイ、メスの三毛猫

約8か月〜1歳

初めはビビリさん

少し慣れれば極めて温厚でスリスリして来る甘えん坊

去勢、検査済

 

アラぽん

約2か月の男の子

とにかく何にでも興味深々、活発で怖い物なしのヤンチャ盛り

離乳は完璧だが、まだまだおっぱいが恋しい甘えん坊

ノミ・ダニ駆除、寄生虫検クリア

 

 

 

 

 

 

で、この子たちの本当の幸せを願いつつ「里親様募集」をしたいと思います。

 

気持は、できれば二人にとって二匹同時だと幸せ一杯なんだけど・・・

 

どうか、幸せにしてあげようと里親様手を挙げてくださいませんか?

 

 

 

 

 

| にゃん | 10:58 | comments(0) | -
アラ、マイ

訳あって工場以外の猫のレスキュー

 

自宅マンションで猫に係る保護等は一切行っていなかった

 

厳密にいうと「見えるようには行っていなかった」

 

マンションでは猫好き派と、そうで無い派とたくさんの人間模様が錯そう

しているからである

 

年に何度かは住民達の間で猫に関するトラブルを見てきた

 

無責任にマンション敷地内で「餌やり」だけをする人、迷惑だと管理組合に

対策を求める人・・・

 

丁度この季節、生まれて間もない子猫たちが活発に動けるようになり親から

はぐれ彷徨う事が良くある

 

何度かは隠密に動いて事無きを得ていたが・・・

 

今回も一番先に見つけ「どのようにしようか」と画策している間に何故か

 

マンション内が大騒ぎになってしまった

 

 

ものすごく子猫の大きな鳴き声がする、声がうるさすぎる、この梅雨の寒さで

子猫が生きていけないから可哀そう・・・etc

 

一部の猫好きさん達が昼夜問わず子猫を保護しようと追いかけまわす事態に・・・

 

子猫は車の下に、エンジンルーム内に、垣根や自転車置き場にと追いかければ追

いかける程事態は悪化

 

そうそう捕まる訳もなく、管理人さんに何とかしてほしい・・・

 

等の勝手な声が耳に入ってくる

 

昼夜敷地内を巡回し、子猫の声がする所をうろうろとする管理人さん

 

どうしました?と聞いた私に「打つ手なし」だと打ち明けてきた

 

 

これは隠密に保護は出来そうにない、と判断し管理人さんに保護を申し出る事に

 

 

罠をを掛けるが目的の子猫だけ掛かるとは思えないので他の猫が捕まった場合

の打ち合わせをキチンと確認し・・・

 

罠を掛けさせてもらい、子猫を追いかけない様に頼み、万一マンションの飼い

猫が掛かってしまっても説明して理解を求める様に手立てを取り・・・

 

諸々状態が確認できたので保護活動開始

 

罠を二つ掛け、何だかんだと罠掛け1日+2日間掛け目的の子猫を保護する事が

出来た

 

子猫の保護の前に既に2匹の猫を別に保護、一匹は地元のボス猫

もう1匹は1歳未満の若い三毛猫

 

ボス猫は前からTNR(去勢)したいと目論んでいたのである意味上出来

 

三毛猫は管理人さんに「住民の飼いネコ」ではない事を確認頂き保護する事に

 

3日に渡る梅雨の寒い雨の中、帰宅後から早朝まで約一時間おきの罠の確認を

家内と行い無事に保護する事が出来た

 

この3日間、緊張と寝不足で夫婦共に疲れ果てたが子猫を見捨てる事無く保護

する事が出来て本当に良かった・・・

 

 

と、まぁ、こんな経緯で事務所にお越し頂いたのがこの2匹

 

 

 

子猫は飢えと寒さで既に限界だった

 

汚れとノミだらけの身体で良く頑張ってくれた

 

先に保護した三毛さんと会わせてみたら? と、かーさん

 

試しに一緒にしてみたら大正解!

 

 

 

子猫は探していたお母さんの様に、三毛さんは我が子の様に・・・

 

いとおしく世話をしてくれるようになって本当に良かった

 

目的の子猫がこの子

 

ちょっとコアラ顔でブチャイク!? な男の子

 


 

「おぢさん、しちれいデシよ」

と文句言いながら一人でおトイレが出来る立派な子猫さん

 

名前は「アラ」ちゃん

コアラのコを取ってみた、とかーさん

 

かーさんは「アラぽん」と呼んでいる

 

 

こちら三毛さんはとてもきれいで美猫さん

写真写りが非常に悪いのだが、本当に美猫さん

 

直ぐに人間にも慣れてくれ可愛さ抜群!

 

名前は「マイ」ちゃん

 

かーさん、お鼻の周りの米粒みたいな柄で決めたって

 

米粒が二つあるからかーさん、「マイマイ」と呼んでいる

 

 

この子たちは今少し経過観察、病院で診察等を受けてから里親さんを

募集する予定

 

どうかこの子達がいつまでも幸せで居られます様に

 

| にゃん | 10:37 | comments(0) | -
えっ????

梅雨の寒い夜中の出来事・・・

 

 

 

 

 

むむ。。。。

 


 

 

眠すぎる・・・

 

頑張らねば。。。

 

 

 

| にゃん | 17:30 | comments(0) | -
無題

 

熱中症になるほど暑い日になったかと思うと・・・

 

避暑地の様に涼しいを通り越して寒い位の夜があったり・・・

 

頭痛は止まらないは、あせもで痒いはでホント困った

 

それでもこのコロナ騒ぎでお仕事を頂けるのは幸せな事だとつくづく実感

している今日この頃

 

 

エンジン不調の為ご依頼を頂いた国産車さん

 

諸々点検し・・・

 

距離を走ると「やはり」な所がお疲れモード

 


 

それぞれ対処し部品を手配し・・・


 

調子を取り戻し納車完了

 

 

 

さすがに20年選手のロータスさん

 

この辺は国産のブーツに取り換えておきましょう
 

 

 

久々にキャブレターの修理・調整

 

こんな修理は極端に少なくなったなぁ

 

こちらもキャブレターの修理でお預かり

何年か前にウチでフルレストアさせて頂いた車両

 

今も現役でお買い物に貢献しているそうで・・・

 

新車からずっと大切にされてきた車両です

 

既に廃版の部品ばかりで・・・

 

 

キャブレターの部品はまだ出ました!

 

 

 

また元気に走って下さいませ

 

 


 

出先でトラブルになり、何とか自宅までどり着いた、と緊急連絡・緊急入庫

 

見ればシフトレバーの根元からポッキリ

 

 

ここはこの材質じゃよろしく内科医、いや、ないかい?

 

ジュラコンで新規製作考えたけれど、お客様の都合で早い修理を望まれて

居たので新品に取り換える事に

 

 

しかし、部品の設定が無く止む無くアッセンブリ交換になってしまった

 

 

まぁ、これで一日で修理は完了するので仕方がないか・・・

 

 

 

 

 

最近、事務所猫達の様子が変!?

 

カメラを確認すると、非常に大型のアライグマくんが家族で襲来している

事が判明


仕方が無いので罠を複数掛け待つこと一日

 

 

 

えッ!???

 

えッ!!!????

 

 

 

君は誰だい?

 

 

なんとハクビシンが罠に掛かっていたのでした

 

しかもかなりの大きさ、デカいでかい・・・

 

 

ハクビシンはジャコウネコともいわれていて、日本古来の動物とされている

地域が多く、今回のこの子は専門業者により放獣される事に

 

 

 

アライグマ、タヌキ、ハクビシン・・・

 

 

この辺は野生の王国か?

 

この子は市役所の職員さんに対処して頂きました。

 

 

 

 

どの子もみんなお腹がすいているんだろうなぁ・・・

 

 

| - | 10:05 | comments(0) | -
造り物イッパイ

車検でお預かりしたエリーゼさん

 

少し前からオイル漏れとエアコンが効かないので一緒に修理ご依頼を

頂きました。

 

オイル漏れはフロントのオイルクーラーあたり

 

 

確認するとホースのカシメ部から漏れてます・・・

 

このホース、ちょいと厄介で困ったちゃん

 

本国にも既に生産中止で探せばOUT側のホースラインだけは有るのだけれど

イギリスでも使われないクオリティーとの事で撤去か修理かご相談

 

 

 

純正スタイル重視か、新たにオイルクーラーを新設するかと悩んだ末・・・

 

 

せっかくのオリジナル度を考え新規にホースを製作することに。

 

これが中々大変だったのよ、以前からお願いしていた業者さんが廃業され

何とか新たに作ってくださる業者さん見つかって良かった。

 

 

もう一つ厄介な作業がこちら

 

もう十数年前にエアコンを新設する為に全てのユニットを国産部品で製作

 

さすがに経年劣化もありエバポレーターが腐食の為ガス漏れ・・・


 

現在のバージョンは格段に冷却機能も向上しているものを使う為、新規に

最新バージョンを製作することに決定。

 

 

あれこれ加工し・・・

 

 

最新エアコンの完成

 

大変時間が掛かってしまって・・・

 

お待たせいたしました。

 

これで少しでも快適なロータスライフをお楽しみくださいませ(^^♪

 

| - | 10:39 | comments(0) | -
遠征自粛中なので・・・

この数か月、全世界が新型コロナウイルスと懸命に戦っている

 

私たちに出来ることは新型コロナウイルスに「掛からない」「うつさない」に他ならない

 

大型連休も出かける事無く、三密を避け仕事励むことにした

 

少し前に修理で長期お預かりすことになった作業を進めよう、と手を付け始めた

 

 

塩害・薬品による腐食による不具合・・・

 

使える部品は再使用する為に全てを壊して取り外すことは出来ない

 

しかし、写真の様にドコモかしこも超絶ミルフィーユ状態

 

 

国内に無い部品は再使用するので、何とか分解ができたのは3日後であった

 

 

手伝いを申し出てくれたメタボ軍曹と錆だらけになりながらの作業を続けた

 

 

サンドブラスト、ウエットブラスト、酸溶液処理・・・

 

 

とにかく徹底的に錆処理・対策を施し・・・

 

 

腐食している車体側も補修・錆止め・塗装を施して対処

 

 

 

 

 

 

なんだかんだと完成、期日より大幅に作業日程を短縮して納車完了

 

休み返上で手助けしてくれた軍曹に感謝しきりである

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 10:30 | comments(0) | -
荒ぶる問題児 三キチ

この数か月の間、事務所のチャモとナンちゃんが怪我ばかり負っていた

 

この二匹、仲が悪いのだが致命傷になる様な大きな怪我をするケンカは

することは無かった

 

4月にナンちゃんがお尻に傷を負い、10針以上縫う怪我をした。

 

しかし、どうも相手はチャモ氏ではない様子

 

監視カメラを確認すると・・・

 

事務所に見知らぬ猫が出入りしている事が判った

 

毎日のように工場内や事務所にかなりの猫の毛が散乱していたのだが

 

その後もナンちゃんだけでは無くチャモも傷だらけで心配になり

 

事務所の階段脇に罠を仕掛けた

 

すると・・・

 

 

 

誰かが罠に掛かっていた

 

 

身体の大きいボス猫タイプの通称「三吉」であった。

 

この子もやはり怪我だらけでは有るが、チャモやナンちゃんほどでは無かった

 

かなり賢い子で、何度も外の罠を見切って捕まらない猫であった

 

いつしか、事務所に侵入し事務所猫達を脅かす存在になっていたのであった・・・

 

 

 

 

TNRの為に病院に、怪我や病気も確認し対応してもらった。

 

 

 

さすがに強気のボス格の猫だけあって、一切鳴き声を上げない

 

少し罠で怖い思いをしたので、とうぶん事務所には安易に近づかない事だろう

 

 

 

初代のボス猫のブーは本当に強くて優しい猫だった

 

ブーが事務所に入ることを許した猫達は、皆穏やかで喧嘩等せずブー

に怒られない様に慎ましく事務所生活を送っていたのであった

 

 

 

ブーさん

君の偉大さが良く判ったよ、今更だけど・・・

 

 

事務所に居た最大18匹ほどの猫達は一度も怪我もケンカもしたことを

見たことも無かったのに、君はいつも満身創痍の傷だらけだったもんな・・・

 

今はきっと虹の橋にに向かった皆を見守ってくれている事と思う

 

ブーさん、君の事を知っている事務所猫はチャモだけになってしまった

こちらはとーさんが一生懸命に守るから、そちらは大変だろうけど宜しく

頼むね

 

ブーさん

 

今まで本当にありがとね

そしてこれからもそちらの仲間たちをよろしくね

 

 

 

 

 

 

 

 

| にゃん | 10:29 | comments(0) | -
さぁ、お外に帰ろうか・・・

予想通り、既に妊娠中だったママ猫ちゃん

 

手術に少し時間が有る為に1週間ほどケージ生活を余技無くされた

ママ猫ちゃん

 

その一週間で色々な思惑が頭を巡った。

 

もう直ぐ産まれそうなお腹の大きさ・・・

 

個人的には生ませてあげたいのだけれど・・・

 

TNRを始めた原点を今一度忘れない様に。

 

不幸な猫達を増やさない事が一番大切なのだと・・・
 

もし、手術までに生まれてしまった時は面倒を見る、もし、生まれ

なかった時はそのまま手術を受けてもらう、と再度心に決めた。

 

そして手術当日

 

恐らくあと数日で生まれるであろうママ猫を心に蓋をしたまま病院に

連れて行ったのであった。

 

TNRから少し体調が落ち着くのを待ってからリリースすることにした。

 

穏やかでまるで自分の家の様にくつろぐママ猫。

 

本当は家猫になるのが一番幸せだと思い、信じている・・・

 

 

 

術後5日が経過し、手術の傷も癒え動きも普通に戻ったところでリリース

することにした。

 

かーさんが「ねぇ、ガブちゃん、これから今までの生活に戻るけど・・・

辛くなったらいつでもここに戻っておいでね」と話しかけていた。

 

(そう、このママ猫は、とーさんの左手を<ガブガブ>喰いついたので

 翌日から名前がガブちゃんになっていたのであった)
 

 

「さぁ、ガブちゃん、下の扉は開けてあるからいつでも戻って良いんだよ」

と、かーさん

 


 

「それじゃあ、上の扉もあけとくね」 

と、かーさん。
 

 

 

いつまでも出ようとしないガブちゃんに

「さぁ、お帰り、友達が待っているんじゃない?」

と、かーさんは話しかけていた。

 

心配して覗き込んだとーさんには「ニャんだよ、近づかないでヨ」 と。

 

 

そっと遠くで見守る事にした。

 

それから待つこと・・・

 

一時間と少し、事務所をゆっくりと出ていく姿を二人で確認し「いつまでも

元気でね」と静かに見送った。

 

数日が経ち、猫食堂に通うガブちゃんの姿を見つけ二人で安堵したのであった。

 

ガブちゃん、子供達の分まで長生きしておくれ・・・

 

| にゃん | 12:40 | comments(0) | -
TNR

この所若い見知らぬ猫達が急増している。

 

別のエリアの子か再びこのエリアで増え始めているのか・・・

 

 

猫食堂から帰る猫の後をそっとつけてみることにした。

 

少し離れたコンビニのあたりで見失った、やはり別エリアの猫らしい。

 

ウチの猫食堂のご飯の減り方が倍増している事からも、見知らぬ猫達

が増えてきている予測がつく。

 

世間ではウイルスの対策で皆必死に戦っている、しかし、猫達の食糧

が無ければ確実に飢えてしまう。

 

頭数を減らし、可能な限りケアをしてあげることが急務だと・・・

何匹かのオス猫にTNRを施した。

 

 

 

 

しかし、ウイルスのせいで動物病院も様々な混乱に巻き込まれており

通常の対応が出来ない状況になっていた。

 

いつもの病院で無理を聞いて頂き、数匹のオス猫を依頼できた。

 

この時期のメス猫は身ごもっていることが多く、警戒心が非常に高い

のでオス猫ばかり罠に掛かっているのであった。

 

4月の後半に一匹のメス猫が罠に掛かった。

 

 

お腹の大きな若い子だった、8・9か月位だろうか・・・

 

しかし、病院も手一杯な状況で最短で1週間待ちの状態・・・

 

通常は一旦リリースすることが多いのだが、そう何回も罠には掛かって

くれないので一時事務所で待機してもらう事にした。

 

 

身体の小さいお腹の大きな子で、この直後大騒ぎを起こすのであった・・・

 

カメラを置いた直後、ケージの窓の空いた側に頭を入れる様なしぐさを

しはじめ、3度目位のアタックでケージの格子を頭がすり抜けた。

 

猫は頭が通れば出られると確信し、さらに猛アタック。

 

あれよあれよという間に窓の外に腰まで出てしまったのである。

 

慌てて扉を開け尻尾を掴んた時は身体は全てケージの外、窓の外に乗り出

してジャンプの姿勢であった。

 

右手で尻尾を掴み、強引に引き戻し左手で窓を閉め・・・

 

その瞬間、左手に思いきり襲い掛かられかなりの流血騒ぎに・・・

 

噛みつかれた指の爪を何カ所も牙が貫通し何カ所かそのまま引きちぎられ

噛まれた爪ごと切り裂かれ出血が止まらない・・・

 

右手はシッポ、左手は胴体を掴みどうにか事務所内に引き戻すことができた。

 

しかし、彼女も血だらけで「まずい、怪我をさせてしまったか?」と威嚇す

る彼女を見たが怪我の様子は無かった。

 

全て自分の流血だった・・・

 

勿論、ケージに移す際は必ず脱走出来ない様にドアは閉めてある。

 

外には出られないので彼女は速攻でパソコンの裏の狭いスペースに逃げ込んだ。

 

これ以上彼女は逃げ場が無いのですこし冷静になったのだが、自分の怪我の

大きい事に気が付き落ち込んだ。

 

普段はぶ厚い皮の手袋をして作業をするのだが、そんな時間は無かった・・・

 

改めて手袋をしようとした左手は何カ所も爪が裂け、牙が指を貫通し指先は

裂けて出血が止まらない、手袋など出来る状態では無かった。

 

彼女も必死、自分も必死。

 

直ぐに一度罠に戻すことが先決と判断しタオルを左手に巻いて確保する事

にした。

 

何とか罠に連れ戻し、その後にケージの中に再び戻すことに。

 

ケージに対策を施し今度は脱走が出来ない様にしケージに彼女をもどした。

 

 

2重に格子を掛け、タイラップで格子が広がらない様にし捕まった直後の彼女。

 

これから一週間ちょい、事務所で過ごして頂く事となった。

 

しかし、この後に葛藤が続くのであった・・・

 

 

 

| にゃん | 10:04 | comments(0) | -
休業日のお知らせ

ゴールデンウイークのお休みのお知らせです。

 

5月1日(金)〜5月6日(水) までの期間を休業日とさせて頂きます。

 

皆様におかれましても体調に気を付けてお過ごしください。

 

| お知らせ | 22:27 | comments(0) | -
T-sport WebSite
T-sport
地域猫保護活動(T.N.R.)
tnrバナー

T:トラップ(捕まえる) N:ニューター(避妊) R:リターン(戻す)

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS